挑戦することを恐れるより挑戦しないことを恐れるべき! 木村文哉の人生の挑戦とは

転職そしてセールス部門の立ち上げ

ーそこから何年か働いた後にライフェックスに入社されたとお伺いしました。ライフェックスはどんな会社なのですか?

ひとことで言うとマーケティングプロデュースカンパニーです。主に3つの領域があり、ブランディング、マーケティング、CRM(リピート戦略)を行っている会社です。3つの領域を一気通貫で行っていることが一番の魅力だと思っています。

ー木村さんはどのような部分に惹かれたのですか?

3つありまして、1つ目が関わるサービス領域が広くいろんなことにチャレンジできたり、やりたい事業を立ち上げたりすることができる環境です。元々ないものを生み出すような社員のチャレンジ精神を応援する環境に惹かれました。

2つ目に自分自身がセールスの立ち上げに関わることができる面白みがあります。

3つ目は働いている人たちがイキイキしていたこと、そして社長の人柄に惹かれて入社を決めました。自分がやりたいことができることが一番重要だと思います。

ー木村さん自身に大きな変化やきっかけがあったのでしょうか?

少ない社員数で、社長との距離も近いベンチャーだったため、ブレることがなかったです。働いている人たちが同じ価値観や志で働いていて、ここは人で選んでも大丈夫と思えました。

ー慎重に見極められたのですね。

何度も面談を繰り返していただき、会社も人物選びに重きを置いていると感じました。そのため、ギャップも今のところはありません。

ーライフェックスはトータルブランディングなどやることが多いと思いますが木村さん自身はやりがいなどは感じていますか?

やりがいはセールス部門の立ち上げを任されているので、どうすればセールスの基盤を作ることができるかというところに面白みを感じています。

今までセールス部門の新規がなく、現在の役員や社長の人脈でいただいたお仕事が多いと聞いていました。社内のメンバーだけで数字を作っていくことに面白みや与えられたミッションにやりがいを感じています。

ー立ち上げという部分が木村さんに通ずる部分だと思いましたが、セールスチームの立ち上げで大変な部分はありましたか?

お客様の開拓をゼロベースから自分たちで行っていくところです。今までは新規とはいえ過去の商談の情報などがありました。現在はその情報すらないので、顧客管理や情報を集めることや、どこの企業さまと会うのかというリスト作りに時間をかけています。泥臭くいちからお客さまを作っていくので難しさを感じます。

ー立ち上げと聞くと華華しさを感じますが、やっていることは一つひとつの積み重ねになってくるのですね?

一つひとつ試してダメだったらもう一回やっています。

ーお話の中でこういうことをやってほしいというミッションが明確なんですね?

数字として求められているものは明確なので「どうやってこの数字を達成するか」と「数字を達成するための組織を作ること」が与えられてるミッションです。

ー会社の魅力は人の良さですか?事業の内容でしょうか?

会社が顧客のことを考えていることです。丁寧に対応していてお客様の問題解決に取り組まれているなという印象です。

ー木村さん自身はセールスで得意なことはありますか?

泥臭く毎日お客様にコンタクトをとって受注してもらうことです。電話や商談にもっていくまでが一番重要だと思っていて。トークスクリプトや相手がどういう状況なのか、どういうミッションなのか考え見立てることに時間をかけた上で電話をかけています。

ー木村さんはキャリアについて悩んだことはありますか?

「10年20年経った後に自分がやりたいことができるのか」と会社に入ってから考えることはありますが、会社選びで迷ったことはありません。

ーやると決めたらやるという強い意志のようなものですか?

やりたいことができないのであれば、先ほどお話したカフェのように自分で作るという考え方もあると思います。自分がやりたいと思えるところまで深堀りしていくのが重要です。

木村さん自身は過去迷ったという経験はなかったのですか?

深掘りしたらあるかもしれませんが、就活においては妥協で就職したことはありません。高校や大学選びの際は自分のスキルとの兼ね合いがあり、入れるか入れないかはありましたが、方向性で迷ったことはなかったです。

ー木村さんは挑戦に対して怖さはありますか?

何か失敗したらどうしようかと、とても考えてしまうため、高校のときから現在まで挑戦する際には怖さがあります。

怖さを克服して挑戦するために、失敗したときのことだけでなく、成功したときのことを考えて自分を奮い立たせることがあります。

ー失敗したときと成功したときの両方を考えられるんですね。

うまくいけば嬉しいですし、失敗しても良い経験になるという気持ちでいくと挑戦のハードルは下がるのではないでしょうか?

ー最後に木村さんから今後やっていきたいことや展望をお伺いしてもよろしいでしょうか?

今回のようなセールスの立ち上げや、それ以外の領域は日々進化していくので、今後も臆することなくチャレンジしていきたいと思っています。自分と接した人たちが幸せになる環境をつくりたいです。

いい影響を与えられる人材にもなりたいですね。自分と関わることでよかったと思ってもらえる人たちを増やしたいので自分自身も成長するために、より多くの人たちと接していきたいです。

ありがとうございました。木村さんの今後のご活躍を応援しております!

取材:和田晶雄(Twitter
執筆:平松龍矢(Twitter
デザイン:安田遥(Twitter