17歳で画家になることを選んだ私の自由な世界 画家 萌白mejiroさん

様々なキャリアの人たちが集まって、これまでのステップや将来への展望などを語り合うユニークキャリアラウンジ。第283回目となる今回は、18歳の画家 萌白mejiroさんをゲストにお迎えし、現在のキャリアに至るまでの経緯を伺いました。

辛かった学生時代を経て、画家として生きていくことを決めた萌白さん。決断の背景やここまでの半生を詳しくお伺いしました。

元気な幼少期からインドアに。波乱万丈な学生時代

ーまずは簡単に自己紹介をお願いいたします。

17歳から画家として活動をしております、現在18歳の萌白mejiroと言います。

現在は画家と絵画教室をメインに活動しています。

ー萌白mejiroさんの幼少期について詳しくお伺いできますか?

ほとんどが母から聞いた話ですが、箱いっぱいに詰めたダンゴムシを母にプレゼントしたり、木登りをしたり、とのびのびと育ってきました。

また、幼稚園の時の将来の夢はアイドル歌手だったので、友達に自作の曲を披露したりもしてましたね。アイドル歌手が将来の夢になったきっかけは、昭和のアイドルをみてかっこいいな、と思ったことでした。

ー幼稚園時代は活発な女の子だったのですね。小学校時代はがらりと変わってインドアになったとのことですが、どんな経緯があったのでしょうか?

小学校1年生の時、学校の同級生とは仲がよかったのですが、同じ地区の女の子たちとの相性が悪かったです。当時元気いっぱいだった私と比べ、同じ地区の女の子はどちらかというとお淑やかな子が多かったので性格が合わず、仲の良い女の子ができなかったです。

自由奔放な母だったので、どちらかというと同級生の男の子のお母さんと仲がよかったです。また、私のことをよく思っていない同級生のお母さんにしてもいないような内容の噂を流されてしまって、登校も下校も1人でした。中休みや放課後も本を読んでいたり、友達と遊ぶこともなかったのですぐに家に帰っていました。

私は覚えていないのですが、「学校に行きたくない」と大泣きしたこともあったそうです。

ーこの時からすでにインドアだったとのことですが、すでに絵を描くことはしていたのですか?

幼稚園の時から絵を描くことは好きで、ずっと書いていました。小学校の時も、授業中のノートに落書きばかりで母に怒られていました(笑)

ー中学生時代に中二病を発症とありますが、詳しくお伺いできますか?

「アニメに憧れて」ではなく、「私なんて生きてる価値ない」のようなことを考えるようなネガティブな中二病でした。

最初は見たものに影響されて真似をしていただけでしたが、「病は気から」のことわざがあるようにどんどん私は生きてる価値がないと本当に思うようになってしまいました。当時の友達も私と同じような考えの子が多かったですね。

両親も私のことを心配して叱ってくれましたが、それを煩わしく思うようになり、家族との折り合いも悪くなっていきました。

ー高校に進学をきっかけに中二病が改善してきたとのことですが、具体的にはどんなことがあったのでしょうか?

中学3年生から好きだった方と交際が始まったことがきっかけでした。

当時付き合った彼に変に思われたくなくて、自分を変えようと決意したことでどんどん中二病が改善されていきました。その後、別れてしまいましたが今でもとてもいい思い出です。

ー中二病の時期だったり、恋愛で気持ちが上向きになった時で作風は変わってきましたか?

そうですね。作風は変わっていました。

中二病の時はちょっとグロテスクなものが多かったのですが、今はとにかく綺麗な作品を書きたいと思っています。

「17歳の画家」を名乗り、本格的に趣味から仕事へ

ー高校2年生で学校をやめて画家になる決断をすると思うのですが、その時のエピソードをお伺いできますか?

私はデザイン系の学校に通っていて、高校1年生の時は仲のいい友達と楽しく学校生活を過ごしていました。楽しかったからこそ、大学に通って企業に就職する、いわゆる「普通の進路」を考えていました。

しかしある日、仲のいいグループ内で喧嘩が起きてしまい、私の生活がガラッと変わりました。きっかけは悪口を言った言わないのような内容だったと思います。私は喧嘩の発端となった時に1人で黙々と絵を描いていたので何が起こったかわからなかったのですが、仲のいいグループでの出来事だったので仲裁に入って話を聞きました。

グループ内で和解をしたあと、私が仲裁に入ったことが気に入らなかったのか、今度は矛先が私に向いてしまいました。その時から私はいじめの標的になってしまい、クラス内で孤立してしまったんです。

いじめがきっかけで、学校に行くことが怖くなってしまい、そのまま不登校になりました。当時は両親にはいじめのことや学校に行ってないことを話すことができず、制服来て家を出たあとそのままカフェで絵をずっと描いていました。

ー美大に行くや他の学校に転入するのではなく、自分で画家として生計を立てる決断に至ったのはきっかけはあったのでしょうか?

両親に何度か学校をやめたいと話をしましたが、高い学費を払って入った学校だったので2年生でやめるのはもったいない結論になりました。私ももったいないと思っていたので両親と話して学校に通う、また不登校になるの繰り返しでした。

学校を行っていない期間でずっと絵を描いていたのですが、SNSで絵を投稿すると画家としての仕事の依頼がきました。お仕事としての依頼を受けるうちに「画家を仕事にしたい」と思うようになりましたね。

ー教室を開いたきっかけはありますか?

前々から、教室を開いてみたいと思っていました。

ただ、私はとてもあがり症で人前に立つと緊張してしまうので、対面での教室を開くまでに踏み出せずにいました。コロナの影響でオンライン授業が主流になってきて、「オンラインなら私でもできるかもしれない」と思ったのがきっかけですね。

ー自分で描くことと人に教えることは違う点が多いと思いますが、大変なところだったり嬉しかったことはありますか?

同い年や年上の人が多い中、みなさんが「先生」と慕っていただけるところやSNSで「今日の授業楽しかった」と投稿されているのをみた時にすごくやりがいを感じます。

オンライン授業は予約制ですが、基本的に24時間いつでも開講しています。24時間できるのもオンラインならではの良いところだと思いますね。

自分の好きなことができる自由な環境を作りたい

ー具体的にはどのような形で授業を展開されているのですか?

基本的には顔は出さず、通話で授業をしています。自由な環境で想像力を伸ばすお手伝いをしています。

私の教室は「絵を教える」ではなく、「個人の力を引き延ばす場所を提供している」イメージです。習い事は続けることが大切だと思っているので、時間・姿勢・授業の受け方など個人個人が受けやすい環境で受けていただきたいです。

例えば、家族食事をしている時でも、友達といる時でも、寝っ転がりながらでも、自分が描きたいと思ったタイミングで描けるような環境を提供しています。

ー「教室」と聞くともっときっちりしているイメージでしたが、萌白さんの教室はすごく自由な環境なんですね!今のような環境にしたいと思ったのは開講時から決めていたのでしょうか?

私自身堅苦しいことが苦手で、「授業中は物を食べてはいけない」「飲み物も飲みにくい」など決まり事の中で授業を受けることが苦痛でした。そのため、堅苦しい授業にはしたくないと思っていて、自由な環境を作りたいと思っていました。

過去の自分の経験から気軽にふらっと入れる授業の形で実施しました。

ーもう1点、お仕事でアートメイクをされているようですが、アートメイクのお仕事について詳しくお伺いできますか?

元々SNS上での私は「画家」ではなく「自撮りを載せる人」でした。写真を載せているうちに、「ただ自撮りを載せるのではなく、面白いことがしたい」と思うようになり、アートメイクをし始めました。

アートメイクも絵を描く時と同じで、最初に完成形を決めて作るよりは作りながら感じたまま描いていくことが多いです。

ー萌白さんの今後の展望をお伺いできますか?

まず1つ目は宝石を取り扱う事業を展開したいと思っています。宝石のデザイナーをしたいと思っており、知り合いの方と一緒に進めている段階です。

近所にいつも通っているインド料理屋さんで占いをしていただき、元々したいと思っていたジュエリーデザイナーが向いている仕事と言われたのがきっかけでした。

日頃から自分がイメージするようなアクセサリーを見つけることが難しく、ほかにも同じように思っている人がいるのではないか?と考え、思い切って自分の好きなアクセサリーを作ってみることにしました。

あとは、幼稚園から小学生用の絵画クラスを展開したいと考えています。

今やっている教室は少し課題が難しい教室で、小さい子供は難しく思うことがあります。一方でお子さんに課題のレベルを合わせてしまうと、この度は大人の方が退屈に思ってしまうと思います。

伝え方、伝わり方も含めて、違うクラスを作った方が分かりやすいと思うので幼稚園から小学生用の絵画クラスを展開をしていきたいと思いました。

どの活動も「自分の好きなこと」「自分が作りたいもの」を作るところが根本にあり、今後も自分が好きなものやしたいことを自由にしていきたいと思っています

ー本当に今日はあっという間でした!素敵なお話ありがとうございました。今後の萌白さんのご活躍楽しみにしています。

 

執筆:ゆず(Twitter
インタビュー:吉永里美(Twitter/note
デザイン:五十嵐有沙(Twitter